家の勝手口ドアがある事による危険性

普通一般家庭のドアと言う物は玄関のドアと勝手口ドアと二つくらいです。後は窓が大きな窓や小さい物が何か所かあります。家に出入りできるのは玄関のドアであったり他のドアだったり場違いですが窓も出入りする事は出来ます。しかし家に出入りするのが何処からでも出入り出来て、本当に不用心で仕方が無いです。そうして考えると玄関以外のドアはいら無いです。何故なら作りが貧弱だからです。それに玄関で間違って施錠し忘れることは無いからです。家の人が玄関から出入りして鍵をかけない事は絶対無いです。それだけ世の中が物騒だからです。窓も今は開けっ放しにはしないし鍵も掻けます。家の中はエアコンもあるし換気扇もあります。ところが勝手口ドアは物をちょっと出したりとか何かのついでに使ったりして鍵をかけ忘れたりします。では利する場所と言うのは一か所にした方が絶対に安全です。

勝手口ドアのメリットについて

マイホームを購入するときに、建売物件であれば、間取りなとが決まっています。しかし、注文住宅を購入する場合は、間取りなどを自分たちで決めることができます。家族が過ごしやすいような物件にしたいですが、建築に詳しくない人はどのようにすればいいのか悩むという人も多いです。悩んで決められないという人は、モデルハウスを見に行きましょう。モデルハウスは、自由に誰でも見ることができるため、マイホームを購入する人の参考になります。例えば、キッチンの横に勝手口ドアの便利さについてモデルハウスの物件を見て確認できたりします。マンションやアパートでは勝手口がありませんが、一軒家の場合は、勝手口を作ることで、キッチンから簡単に外に出ることができます。ゴミ出しをするときに、わざわざ玄関から出る必要がないです。もし、自宅の横に小さな畑がある人などは、勝手口があると便利です。

勝手口ドアの意外な重要性について

自宅を持っている人は一般的に玄関ドアから出入りすると考えていますが、意外と出入りの回数を計ってみると、玄関ドアより勝手口ドアから出入りしていることのほうがはるかに多いことに驚かされます。これはつまり、玄関ドアというのは社会に向き合っているドア、逆に勝手口ドアというのは身内の行動に関連した、あるいは日ごろの濃い日常生活に関連したドアといえます。お客様の場合は必ず玄関ドアから入ってもらいます。一方、家族のみならず、親せきやあるいは身近な隣人などはよく勝手口ドアから入ってもらおうとするのがまさにその証拠です。そして年間を通して接する機会の多いのはたまに来られるお客様でなく、家族、親せき、そして大事な親しい隣人です。そういう意味でのこのドアの重要性というのは認識すべきだと考えます。そしてこのドアはまた他の日常空間へもつながっているドアです。例えば車のある駐車場、あるいは家庭菜園をやっている物置、あるいは外付けのお風呂屋トイレかもしれない。そういう意味でこのドアの重要性はいくら語っても尽きることはありません。